LOG IN

終わりと始まり

by ちゅうぶる

今日は土曜日なのに、とても忙しかった。盆前ということもあるけれど、明日のイベントの準備と、月初めだけに発生する幾つかの仕事に追われました。胃が痛くなって、逆流性食道炎がぶり返したかと思いましたが、状態が悪化しなかったので、なんとか耐えることができました。

私だけなのかな、胃が悪いと足がとてもだるくなります。そうなると体はだるいし、胃は痛いしで仕事どころではなくなります。今もまだ足がだるいです。ミスをしてないか心配です。

さて、kindle unlimited が始まって何日かたちました。すぐに登録したい気持ちはありますが、積ん読を解消してからと思って、我慢してます。電子本、紙の本両方ともにまだ読んでない本が山ほどあって、これがまたいつ読み終わるのか全くわからない状態です。

今から20年前なら、1日2冊は読めました。調子が良ければ4冊くらいは読めたとたと思います。ところが今や1日1冊も読めません。せいぜい3日で1冊というところでしょうか。目の前に何万冊も本があっても、読めなければ、無いのと同じです。

先日のこと「楽天レンタル」からサービス終了のメールが来ました。huluやNetflixがあるので、レンタルがふるわないのは、わからないでもないのだけど、とても残念です。スポットレンタルではクーポンを利用すると送料だけで借りられました。

今、かごの中を見てみると、86枚のCD、DVDが入ってました。そのうちの何枚かは、この3年くらい一度もレンタル可能になって無くて、いつかは借りられるだろうと思っていたけど、もうその可能性もありません。諦めて買うしかないか。

huluで見て、記憶に残っているドラマに「フリンジ」があって、これは(契約してた時には)第3シーズンまでしか配信してなくて、第4、第5シーズンは楽天レンタルで借りて見ました。これはすごく嬉しかった。イギリスBBCのシャーロックも、スタートレックも。

人間誰しも現在の状態が1か月も続くと、それが当たり前と思ってしまいます。それが1年も、2年も続くと、あって当たり前です。無くなるとは思わなくなります。だけども永遠に続くものはありません。特にネットのサービスはいつ終わっても不思議はありません。

何がいつ始まっても、それがいつ終わってもいいように、準備をしておくのを忘れないようにしておかないと。windowsもmacもandroidもiPhoneも。自分の、妻の、息子の命も。仕事も会社も日本も、地球でさえも、いつかは無くなる時が来るでしょうから。

(写真はベックリンの「死の島」。何枚か描かれたうちの1枚。大塚国際美術館にあったものです。勿論本物ではありません。いかにもそれらしい雰囲気が漂っているいい絵です。)


ちゅうぶる
OTHER SNAPS