LOG IN

過ぎ去った未来

by ちゅうぶる

KDP作家の忌川タツヤが久しぶりに本を出した。それも立て続けに3冊。とても喜ばしい。ぺろぺろ時代(博多に住んでいたころね。)は全部読んでいる。KDP作家の草分けなのだけど小説は面白くない。日記とか雑文は面白いので「イマガワ血風録 ~セルパブ戦記~」は読むべき。

フムフムに寄稿しているのは知っている。現在のブログは「無才能宣言」。ブログも書いたり書かなかったり、はじめたりやめたりと忙しい。「忠犬ホットドッグ」はカクヨムで読めるらしいのでカクヨムで読む。面白ければ拾い物。

今日はモラヴィアの無関心な人々を読んだ後、ブログを書いた。その後トランプの影響で再評価されたオーウェルの1984を読み始めた。

買い物から帰ってきて、ビールを飲み始める。つまみは買ってきたスパゲティサラダ。マヨネーズが足りないので冷蔵庫から出してきたマヨネーズをたっぷりかける。

酸っぱい。サラダにかかっているのはマヨネーズじゃないのか?。酸っぱいサラダは好みじゃないけど味が薄いよりはましと思って食べる。

1984年はすでに過ぎ去っているのに、思った以上に世の中が進んでいないことに気がつく。


ちゅうぶる
OTHER SNAPS