LOG IN

A to Z

by ちゅうぶる

萩尾望都の「ポーの一族」は永遠の命を持った少年の話。books A to Z がこの本で終わるのも意味がありそう。本の紹介は重労働。始まりがあれば終わりがある。長い間ありがとう。

販促の打ち合わせでパワーサラダの話題。焼き鯖寿司やコージーコーナーの話は余談だけど、みんな良く知ってる。

パワーサラダとは主食になるサラダのことを言うらしい。タンパク質、鶏のササミとかが入っているらしい。これって常識なのだろうか。ウチの晩飯は野菜サラダでリンゴやハムやゆで卵がのっているけど、これもパワーサラダと呼ぶのだろうか?。主食だけど。

新聞にバス旅行の折込チラシ。参考にして桜と花を巡る旅の計画を立てる。4月は泊まりは無し。枝垂れ桜にチューリップにビオラにゆりに芝桜。世羅高原はいろいろあって良い。

BookLive!、Kindle、楽天kobo、遅れてReader Storeで早川書房の日本のSFがセール。積ん読が積み上がる。月狂四郎の、死はエイプリルフール?、断筆宣言?、もしくは本当?


ちゅうぶる
OTHER SNAPS